消し込み業務は肩がこる仕事|効率化を図る秘訣

メンズ

社内の情報共有

システム

企業では部内はもちろん部署を隔てても、そのコミュニケーションをとっていくことが重要ですが、それを助けるツールが注目を浴びています。これらはコミュニケーションツールということで、一括りにされていますが、主に注目されているのは、チャットや社内SNSといったものです。これらのツールは、スマホの発展やインターネットへの利用方法の拡大によって、プライベート目的で広まってきたのです。これらのコミュニケーションツールになれてきた方が多いので、同じようなものを社内に導入して、情報共有を促進しようという考え方です。そこで重要なのが、コミュニケーションツールのどれを選定すればよいかということですが、まずは社内の状況を把握してからになります。これは社内の情報共有が、ある程度情報がまとまってからになるのであれば、その流れを外すことが少ない、社内SNSのほうが良いわけです。社内SNSだと、添付ファイルなどもつけやすく、特定の業務の話を纏めやすいので、このようなケースだとマッチしやすいのです。電話や口頭ベースであれば、チャットツールのほうが、コミュニケーションツール導入としては、入りやすいものになります。特にチャットであれば、メールシステムの様に多くの受信メールに埋もれることなく、ダイレクトにコンタクトしやすいというメリットも出てきます。このように社内の情報共有を活性化するために、コミュニケーションツールを導入する際には、社内の状況をまずは把握することが、大切なのです。