消し込み業務は肩がこる仕事|効率化を図る秘訣

ウーマン

社内の情報共有

社内の情報共有を活性化するために、コミュニケーションツールと呼ばれるものを、導入する企業が増えてきています。このコミュニケーションツールを導入する際には、社内の情報共有の状況を、よく把握してから適切な製品を選ぶことになります。

アウトソーシングも方法論

人事給与は複雑になる法改正などの問題により年々業務の難易度が上がっています。専門的な人事給与システムを導入することもできますが、アウトソーシングすることも方法の一つになっています。コストや効率面で考慮するのが望ましい方法です。

計算が楽になる

従業員を雇用した場合、給与計算が必要になる。この給与計算については手作業では煩雑になるため、給与計算ソフトの導入が必要になる。従業員情報や基本給などの情報をあらかじめ設定しておき、勤務時数などを入力することで自動で計算してもらえる。

経理部署を悩ます課題

男性

完全システム化は可能か

ビジネスの現場における決済方法は売掛金や買掛金を利用することがほとんどです。現金決済を用いることはほとんどありません。そのため、発生した売掛金や買掛金がいつのタイミングで消えるのかを管理しなければならないのです。売掛金が発生したのちに入金されると売掛金の消し込みが必要になります。また買掛金が発生したのちに支払いが完了すると買掛金が消し込みされます。経理ではこの作業を手作業で行っており、月末の締めた段階でどの程度の売掛金と買掛金が残っているのかを判断しなければならないのです。もちろんシステム化にして自動的に消し込みを行うことも可能です。しかし入金額の間違いや振込先の間違いも当然のように発生します。そのため、あくまでもシステム上での数値は参考程度であり、目検査することが必須になっていることが経理を悩ませる要因となっています。簿記上の仕訳を自動的に行うシステムが話題になっていますが、債権債務の消し込みを効率化するシステムも登場しています。IDなどの番号を振ることでどの債権に対する入金や支払いなのかを判別させる仕組みです。入金額の間違いなどに対応させることができます。しかし膨大なアルゴリズムを入れなければならないため、設計までに時間を要する事や、巨額な設計費用が掛かるなどの問題もあります。パッケージ版では対応しきれないため、一から設計をしなければならないのです。経理部署にとっての消し込み作業は今後も課題になっています。現在では、このような問題を解決できるツールもあるため、導入して効率化を目指すとよいでしょう。